成人と同時に実印を誂え社会人としてスタートを切るのも良いですね

印鑑

登録用の印鑑は100均のもので大丈夫か

結論から言えば、三文判で問題ありません(一部、断られるケースもあります)。しかしまったくオススメできません。
商取引を除く一般家庭で必要な印鑑登録は2種類あります。いずれも重要な取り引きが対象です。印鑑ひとつで大きな金額を動かせてしまうので、なりすまし対策が必要です。自分だけの印鑑を作り、事前に登録をしておけば、その印鑑を盗まれない限り、勝手に契約をされることはありません。
まず1つ目は銀行印です。これは取引用の印鑑を銀行に登録する仕組みです。複数の銀行を利用する場合は、それぞれ登録をします。
2つ目は実印です。実印が必要な場面は、自動車や家の購入、遺産相続などの重要で、限られた場面です。実印は役所に届け出をする為、公的な性質を持っていると言えます。実際に取り引きをするときは、実印を押す他、役所が発行する印鑑登録を提出します。印面と個人情報が表示されていますので、本人の意思表示であることを証明できます。
冒頭で述べましたが、三文判といわれるものでもほとんど登録できます。しかし、取り引きの大きさを考えると、多少費用がかかっても、唯一無二の印鑑を作成すべきです。また、欠けてしまったら、登録内容との照合ができなくなりますので、耐久性のあるものを選んだ方がいいでしょう。

TOP