成人と同時に実印を誂え社会人としてスタートを切るのも良いですね

印鑑

実印を作るときの注意点

実印は、重要な契約を結ぶ時などに使います。例えば、不動産を購入するときの売買契約書、借入金をするときの契約書、財産を相続するときの財産分与契約書などが、一般の人が実印を使う主な場合です。いずれの時にも、契約書に実印を押し、それが実印であることを証明する、自治体が発行する印鑑証明を添付することが基本です。これを押すということは、本人が間違いなくその内容に同意した、ということを示すので、扱いには非常に注意することが必要です。
と同時に重要なのは、他人と明確に区別がつく印鑑を使うということです。例えば認印などのように文房具店で売っている印鑑を実印代わりにしてしまった場合でも、それを印鑑登録してしまえば法律上は本人を証明する実印になってしまいます。ということは、誰かが悪意のあるなしにかかわらず、その同じ印鑑を文房具店で購入してしまえば、本人になりすましていろいろな契約ができてしまう、ということなのです。本人の知らない間に、他人が勝手に借入金をしてしまう、という詐欺被害にあうことも十分に考えられます。
したがって、実印は「他人が模造して作れない」ものにすることが重要です。印鑑屋さんでオリジナルで作ってもらうことも可能ですし、中には自分で篆刻をして彫ってしまう、という人もいます。いずれにしても、コピーできない印鑑を実印にしましょう。

TOP